【第4回】ブラジルの政治経済状況と今後の見通し
ブラジル人Nativeとラウンドテーブル
roundtable
写真はイメージです。
選挙の不正疑惑を何とか乗切れたと思えば、ブラジル連邦検察庁より収賄の容疑で訴えられるTemer大統領。ブラジル政治の不安定な状況は続き、財政改革実現に不可欠とされている法案の行方いが益々不透明な状況です。

一方、経済面では、第1四半期のGDPは+1.0%に到達するも、輸出、農業が主体の中身で評価は厳しいようです。国内消費、工業等が不調で先行きに不安を招いています。Bradesco、Itaú Unibancoの2大銀行は2017年/2018年のGDPの見通しを下方修正する状況に至っています。
レアル通貨、株価は下落方向。しかし、消費が悪い分、インフレも抑止し易い状況下にあります。

第1回~第3回のラウンドテーブルに引続き、現在のブラジルのモーメントをベースに 「今年の状況」と「今後考えられるシナリオ」についてブラジル人Nativeと日本関係者間で ラウンドテーブル(言語:日本語)を実施したく考えています。
是非、ストレートなディスカッションに直接参加して戴けるようお願い致します。


日時: 2017年07月21日(金);14時30分~16時30分
場所: Licks Attorneys(東京オフィス)
〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6番17号千代田会館ビル6階
九段下駅から徒歩5分
参加費: 無料 
言語/方式: 日本語/チャタムハウスルール
参加者: Kiyoshi Komamura(N3Plusパートナー;FGV経営学修士)
Roberto Carapeto(Licks Attorneys;早稲田大学法学修士;ブラジル弁護士)
Wilson Kawai (Brastel CEO; FAAP;工学士)
並びに ブラジルに関心をもつ日本企業及び機関(Max.6名)
主催者: N3Plus、Licks Attorneys、在日ブラジル商工会議所(CCBJ)
申込み期限: 7月14日(金)
ダウンロード: 2017年7月21日 - 【第4回】ブラジルの政治状況とその展開(PDFファイル) NEW!
2016年12月16日 - 【第3回】ブラジルの政治状況とその展開(PDFファイル) 
2016年6月17日 - 【第2回】ブラジルの政治状況とその展開(PDFファイル) 
2016年4月22日 - 【第1回】ブラジルの政治状況とその展開(PDFファイル)